忍者ブログ

オズベルトの砦

ウラニウスとセルジオのラフ(ビジュアル)完成!!

僧侶なので、派手だと違和感、武装もないので部下より、見た目弱くなるのは・・・
てことで(きりね~~おやつは弾んでくれるんでしょうねぇ?)召喚獣も描きました。

ウラニウス大司教
装備
・エンジェルの契約書+2   〈数+2(計3)〉〈下僕の攻撃+120%〉
・エンジェルの契約書+2   〈数+2〉〈下僕の攻撃+120%〉
・ブラッドゴーレムの契約書+1   〈下僕の攻撃+160%〉
・アミュレット+1   〈HP+80%〉


ということで”ウラニウスシックスエンジェルズ”と命名、数も6体でまぁ、面倒くさくないギリギリなので、名前も決めちゃいましょう♪

しかしアバター名から本気で考えだすと1体、二時間はかかるのでウラニウスの性格も少し固めます、今回ヨルムのボスラッシュでは、付き人セルジオの回想でしか出てこない人物なので・・・楽できると思ってましたけど(苦笑)

左上から順番に

ラブ(上) ルー   おませガール(あくまで性質、性別は全て中性)
ラブ(下) レイ   おませボーイ
プンプン  クック  拗ねてるやつ
いたずら  ミミ   はしゃいでるやつ
スキスキ  ケラ   甘えてるやつ
テレテレ  ボー   隠れてるやつ


ウラニウスのネーミングセンスにまつわるエピソードもすぐに考える。



セルジ「・・・このこがボー?」
ウラニ「違う、私のミミを引っ張るのミミだ、隠れているのが照れ屋のボー・・・降格されたいのか?」
セルジ「ご勘弁を・・むむむ・・しかし変な・・いや、ウラにウス様は名前を子供につける時、何か考えがあって?」
ウラニ「そんなものはない、お前のときは」


セルジ「・・・私のときは?(興味津々前のめり)」
ウラニ「・・・・お前のときはセルジオだ、セルジオって感じだろ?」
セルジ「・・・」
ウラニ「鏡で確認したことはないのか?」
セルジ「・・いえ、今度してみます」
ウラニ「・・え、苦情?」
セルジオ「え、いえ、この名前には誇りを持っていまっす!!」
ウラニ「・・・そうか、よかった」



ちなみに、イラストは並べたけど、若かりし頃のウラニウスと、現在のセルジオなので、ご了承ください。

孤児に名前をつけるのはサンドラはフォルクスと、特に大司教がつけるということにはなっておらず、見つけたものが責任を持って名付けます、これはウラニウスが慕われるルールです。

今現在、その場で考えていってますが、どうやら大司教となっても、偉そうぶるような人物ではなかったようです、よく部下にもツッコまれる、天然さもあり?



ウラニウス”様”に名前をツケられた子は、教会内では「ハズレ」と影で言われるほど、ハズレです、センスが酷いし、雑だからです、セルジオはかなり運がいい方(笑)まぁ名前で虐めるような子がいない様子なので、問題ないのでしょう彼的には。



セルジ「・・・」
ウラニ「・・・食べたりないのですか?」
セルジ「はい、しかし大丈夫です」
ウラニ「では私の分を食べなさい」
セルジ「いえ、私が多く食べれば、みなが困ります、助け合いです、迷惑はかけれません、大丈夫です」


ウラニ「・・・ではこうしましょう、たくさん食べて、大きくなり、そしてみなを守れるような、強い男になればいい、私はダイエット中だから、遠慮なく食べなさい」
セルジ「・・感謝します、大きくなって、強くなります」
ウラニ「ふふ、体格は天の授けもの、期待せずに待ちましょう♪」


この会話ですが、ウラニウスは打算的に先行投資として、セルジオに優しさを見せていたのではないようです「期待せずに待ちましょう♪」
という台詞から、彼が決して小さな子供に”貸し”を
植え付けたわけではないことがわかります・・・まぁ結果として、かなり大きく強く育ちましたが(笑)


つまりセルジオが投資分、”でかい”男にならなくても、がっかりなどしないのです、セルジオを始め、エメルスの子どもたちは、尊敬し、愛するものからの失望を味わうことはないのです、なぜならウラニウスは、ブラッドゴーレムという下僕も保有しており、後ろに立たせるのは、べつに彼で無くてもよいのですから、伸び伸び育てばいいのです。





私は失望などしないから、皆、安心しなさいふふ


しかし失望させないとは言っていませんよ?(エンジェルスマイル)



・・・色塗りか、はぁ

PR


ヨルムちゃんによるボスラッシュをやるかどうか

ヨルムちゃんによる、ボスラッシュをやるかどうかは、5年以上前からあった構想ではある。


まぁ今日まで保留してたわけだから、正直・・意欲的ではなかった。

1、面倒くさい
2、ボスラッシュは1回はやりたい!やるべき!!だが正直、一度できてることをくり返す苦痛


F2聖杯林檎の企画が始まり、本垢(本気遊び用)は完全クリアしたし、放置していたが、新しいクエストが追加されたらしく、久しぶりにやった。まぁヨルムちゃん強いので、普通にクリアしたのだが・・・・その時、新キャラでセルジオというのがでてきた。



エメルスの高職で忠実な職員たちとまとめてボコしたのだけど、わりと強い上に性格も悪いやつじゃない・・・・


それで一応アルメナンドにお邪魔してる、青眼で本編にはいない、オリジナルキャラのヨルムちゃんのイメージソング動画を作ろうと・・・ちょっと趣向を凝らして、装備やステータスを表記する感じの、攻略勢ぽいセンスのデザインイラストを考えて、とりあえず流れないこっちにもコピペ


ヨルム装備

リングダガー+2(攻22-26)  HP自動回復+4 HP吸収+8%
水晶盾+4(防93B16%)  被害ダメージ-10 防御+80% HP+80 物理耐性+15%
虹色盾(防8B18%BH20)  火炎、冷気、電気、毒、状態異常 各耐性+50%
リング+4(防1)  回避率+120% MP回復速度+20% 移動速度+50% HP+60


でメモのために放置アカ久しぶりに2回目、開いたので
、もう追加クエストもすぐクリアしたしコレクトもしたいけど、さすがに”やりこみ”するスケジュールは空いてないので・・・でもちょっと遊んでたら、セルジオわりとついてくるやん!!てなった・・・・でセルジオのイメージがどんどん膨らんで、これいい!!ヨルムのボスラッシュ、こいついたらなんかちょっといい感じの旅になりそう、わりとついてこれるし?ボスラッシュやろ!残そ!!英雄譚を!!!


なので、聖杯林檎少し中断して、ヨルムのボスラッシュやります!!




ファンアートオリジナル設定


まず関係性は仲間ではない

エメルス教会の大司教ウラニウスをボコしたヨルムは、部下であったセルジオにとって仇ではありますが、まぁ複雑な立場でもあります。あくまで同行するのは対象の観察です。


ちなみにヨルムはやはり無口な青眼です、王冠を受け取り王となりましたが、エリザベスカラーのようなうっとおしさなのかな?ある日モルケドの後任オニキスが庭園を歩いていると、王冠が捨て置かれていました・・なんということでしょう!!

F2聖杯林檎、緊急事態!!噴水の色ガガガ

まずはスクショをご覧ください。





キャサリン戦後、F2の討伐報告を受けたロバート隊長による、地下10階”調理場”の現場確認に再び付き添って、降りて、そして無事戻ってきた軍師の帰路・・・




あ~~~噴水が~~~イベントが進んでる~~

慌てて調べました、ダンジョンの進み具合ではなく、クエスト名”ハイカー”で、多分ヒッチハイクとかの、あのハイヤーだと思います、条件は階段を降りた回数なんですね!!

攻略とドラマを同アカでやってるので、演出準備等で出入りした回数が、条件回数を切ってしまった感じです。


モルドモンスターは、モルケド大臣の怨念が下水の植物に憑依して誕生した、執念の怪物にしたいので、ダメです!!!これはダメなミスです!!!!


対策
1、単純に噴水をカメラインさせないように、避けて進行する
2、どうしても噴水前での、会話シーンが必要ならを、なんとか加工、編集する

まぁなんとかします。


ちなみに噴水イベは2回あり、やはり条件はハイカー!!しかし、一回目のやつをクリアしなければ、2回めの発生条件を満たしても、一回目のイベが消滅することはないみたいなので、とりあえず安心です。











左慈の落描き



大大仙人の于吉は、修行監視期間以外は求道者らしく単独行動、事実上のリーダーは
大仙人の左慈のようです。

仙人は求道を義務として基本は単独の旅ですが、たまに集まる様子からも、于吉ほど徹底しているわけではない様子、その中で中心となっているのが左慈仙人。


南華老仙は一応、破門仙人となっていますが、実際は他の仙人たちに認められており、彼が選ぶ加護対象が難しい立場の者が多いために、そうなった経緯があります。

甘始はルーキーの中では仙術の開発、理の理解ともに習得が深く、なによりその速さは大大仙人の于吉ですら唸らせるほどです、毒舌パワハラ于吉と100年ノーストレスで歩いた実力者。


甘始との会話で左慈の落描き癖について明かされます。


自棄酒ならぬ自棄落描きらしいです(笑)


「落描きでもしなやってられへん」てなぐあいです。
甘始曰く、なぜ于吉仙人が、左慈を大仙人と認定したかは最大のミステリーであると。





ツイッターはほとんど流れてしまうので、彼らのやりとりの一部始終を一応コピペ、あくまで記録です。


↓↓↓です。

































張角と南華老仙  帝都への道~


青年「なぜ僕だったのですか?劉備、曹操に孫策、筋の良い英雄候補は沢山いますよね?」
仙人「まぁ、見ての通りグラーフだからなワシ、塵に愛着がわくってやつ?」
青年「酷いですね(苦笑)」
仙人「それに、ここだけの話な、他の仙人どもは本当に今お前が上げた名前のやつを普通に見に行ったがな?」

塵仙人「オッズの高い奴らに賭けるいみあるか?」

青年「なんすかそれ!仙人て英雄で博打打ちゲームして遊んでんすか!ただのクソどもじゃないですか!!!」
塵仙人「まぁ、暇だしな・・直接干渉してはいけないって、わりと辛いねんで?」
青年「知らないっすよ塵付いてますよ」
塵仙人「え、どこ?」

塵仙人「どこ?えはず、モヤシ?米粒?どこ、えどこ恥ず」
青年「いや、名前にですよ!!塵って付いてますよ」
塵仙人「うわまじや、ふざけんな!!でもな張角君、賭けた英雄に斬られるやつもいるし結構いのちがけなんやで?ザワザワって結構なるから」
青年「しらねーよ」

青年「やっぱ持ちキャラはファーランなんですか?」
仙人「そやな、足技主体でライダースーツとかやばみだからなぁ、俺のレフトフラミからのライトフラミシフト見る?アートやで」
青年「知らねーよ、自分で振っちゃったよ」

仙人「あとB・フューリーも好き、マッハパンチみる?」
青年「知らねーよ」


仙人「シタン先生が刀をもったときは、ほんまにブラジルに迷惑かける姿勢で失神しそうになったからな、あれ普通に入手する頃には体術用の技全部閃いてないからな、つまり、まじで見つからないの前提の隠し武器ですよ、体術全部見てから、取りに行かないとダメなストレス」
青年「知らねーよ」

仙人「シルマール先生はアレだけもう出来上がった人格なのに、アクセサリーにシルマールリオンて自分の名前つけちゃうセンスよ、そこは術者のサ・ガてやつ?わしもさこの太平要術の書て名前ちょっとダサいかもって最近さぁ、南華老セレニアーキュリオンとかよくない?」
青年「知らねーよ」

仙人「いやいやいや、普通にプレイしてるイメージで考えてみて、三国志のマップ画面で、検索したら、武将がアイテムを見つけてきました”太平要術の書”て表記されるより”南華老セレニアーキュリオン”て表記されたら、なんじゃこれぇええええてなるやん?」
青年「なんじゃやこれ~て、確かになりますね」


仙人「お前違うからそれ、言い方が、馬鹿にしてるだろその「なんじゃこれ~~」て言い方が違うから殺すぞ「なんじゃこれぇ~~」だから」
青年「わかんねーよ、めんどくせ~~」
仙人「面倒臭くないから、気の持ち方だから」
青年「それ被害者が決めることですから、加害者が決めないでください」
仙人「被害者言うな、傷つくわ」

数時間後

青年「だから「なんじゃこれ~~」と「なんじゃこれ~~」の違いを数時間かけて一生懸命説明されても、まず、その死神みたいな仮面で少なくとも表情のニュアンスは全く見比べようがないんですよ」
仙人「・・・ほんまや!!はよいえやっ!!!wwww」
青年「うわ~めっちゃうけてる・・」


邪道仙人「あれか?」
青年「はい、実は”黄巾党”は頭巾以外に腰に救済用の薬草の布袋を携帯してます、これは活動のためでもありますがセットで黄巾のシンボルなんです」
邪道仙人「なるほどな、あれは官軍か?」
青年「はい、黄巾の悪行など本来は誰も信じませんが、馬元義兵の勧誘は勝敗に執着し、勧誘の基準が甘く、
エセ黄巾党も増えました」
邪道仙人「馬元義兵やそいつらは粛清は試みないのか?」

青年「まず黄巾のルールで粛清が禁じられています、恐怖により組織の統制はとらない、それを成立させてくれているのが、馬元義さんたちの武力なんです、使うことはなくあくまで規律を保つため、しかし山賊などを相手にする仕事などは、そうもいってられず、リスクも高く、
負傷兵入れ替えなどのために、勧誘が雑になるのは致し方ないこと、手を汚さずにいられる、我々黄巾党員にそれを責める資格はありません、そして志や使命感をもたないエセ黄巾が増えた結果、官軍の工作に信憑性を持たせてしまうのです」

邪道仙人「どうしようもないということか・・」
青年「何にせよ
急速に組織は拡大しています、よいことであり、悪いことでもある」
邪道仙人「・・・それで弟に全指揮権をたくしお前は1人帝都に・・・どんな策があるかはしれんが・・しんどい旅よのぉ」
青年「ええ、非道な悪事を見て見ぬ振りするのが一番しんどいですね、病の苦痛よりもです」


邪道仙人「ではこうしよう・・ワシがあの黄巾賊を皆殺しにしてくる・・・皆殺しだ・・お優しい天公将軍様には心が痛むか?」
青年「いえ、今の私にはそこまでの余裕はありませんよ(笑)しいていうなら、あなたは仙人で直接、干渉してはいけないのでは?」
邪道仙人「だからすでに破門された堕ち仙人だ、気にするな」

邪道仙人「おまえはそこで、耳をふさぎ目をつむっていろW」
青年「・・・それは子供みたいでいやですね、では車を少し前進させて停止、ポップ・ミュージックをかけてエアプボーカルをしています、絶妙なタイミングでバックさせますので、乗り込んでくださいベイビードライブです」
邪道仙人「意味わからんWそれでいいわそこで待っていろ」


邪道仙人「あ、そうだコレ一応決まり文句だから、答えてね」
青年「?」
邪道仙人「力が欲しいか?」
青年「声のトーンかわりましたね、いえ大丈夫です・・いやお願いします」

邪道仙人「なんなん、はっきりして?」


以降R指定シーン突入、南下老仙は破門されただけあり、このように普通に俗世に干渉していきます、それも生命を奪うという、仙界最高禁止事項でです。




左慈と甘始  静寂の森、夜鳥のささやき~


???「綺麗にかけてますね♪」
左慈「・・・于吉様は、なぜ南華老仙が毒舌に耐えるより、覚えることを許したのだろうな?」
???「ふふ、大大仙人様の考えることは、まだまだわかりませんわ♪」
左慈「それだけど、前に2人で話したときにな、お前のこと怪物ルーキーが来てちびりそうって言ってたから」

???「またまた~~」
左慈「いやほんまやって、俺がいるのに、普通に配慮もいれんといいよったからな、最初はまた修行か~ほんま性格悪いわ~て、気にしんかったけど、なんか離せば話すほど本心ぽいから毒殺してやろうかとおもったし」
???「www」
左慈「いや、正直お前も殺したいもん」
???「www」


???「南ちゃんがグレちゃったのもわかる気がするわ」
左慈「え、どおいうこと?」
???「www」
左慈「あ~~やけくそ落書きも飽きたわ」
???「ああ、やけ酒みたいなノリのやつなんですねそれWW」
左慈「そうだよ落書きでもしてないとやってられんし」
???「www」


左慈「お前が来てから于吉様もなんか、投げやりになってるし、近いうちに死ぬであれ、自分の
賭け英雄ドン勝ちさせるために、干渉すれすれのズル助言でもして死ぬであれ、お前の責任やで」
???「www」
左慈「そしたらワシが大大仙人に繰り上がりだから、お前俺を超えるなよ?」
???「www」


???「だったら、また新開発の仙術教えてあげますから、折り紙を踊らせる、術以外の習得も練習しましょうよ、ね?」
左慈「いやだ、なんかアレだけは夢中で覚えたけど、正直、子供の姿で読み書き教えるだけで驚かれるし喜ばれるし、それでいいねん、なんかアレだけ夢中で覚えたわ」
???「www」



左慈「・・・・・・ん、甘始もう行った?まだいる?」
甘始「いますよ~今日は一緒に寝ようかなって♪」
左慈「求道者ルール違反やけどな・・まぁいいわほんま透明化便利やな~それ于吉大大仙人様でもできへんやつやからな、本気で落ち込んでたから」
甘始「www」
左慈「じゃぁさ寝れんし、教えてよ、お前誰に賭けてるん?」


左慈「南華老仙のやつは張角くんやってんで、あいつ大穴狙って外したから放心状態やでwww」
甘始「たぶん放心状態の理由違うw」
左慈「・・・?」
甘始「たぶん、南ちゃんは後悔してないの」
左慈「え、そうなん?」
甘始「w」

甘始「
左慈様のどこを買って、于吉様が大仙にしたのか、私の最大の謎は深まるばかり♪」

左慈「え?研究?甘始おれの観察のために会いに来たんか?どこ?はらたつわ、叩くから場所教えろ」
甘始「www」
左慈「はぐらかさずに教えてよ、誰に賭けたん?」
甘始「じゃぁ左慈様は?」
左慈「牛金」
甘始「え?」
左慈「名前が絶対強いから」
甘始「W」
左慈「はい今度お前、早く教えろよ早く!!」



甘始「秘密♪」
左慈「なにそれ!!汚たね~~それでも仙人かよ汚たね~~どこ?もうねた?」


静寂の中に夜型の鳥の鳴き声だけが響き渡る