忍者ブログ

オズベルトの砦

~GR人物図鑑~ 


 
著者〈ニウス・スワンレイク〉

1 蛮族で傭兵の場合は、”奴隷”と表記されるが、GR再生期において、本来の意味の戦争や奴隷という観念はなく、侮辱などの意味合いは含まないが、力関係の明確化として、傭兵が上である。

2 冒険王、冒険家、奴隷、傭兵、迷子、脱走兵、通り魔は、全て移動者(家を持たないもの)として、滞在期間が長期に渡ろうと一つの土地に、留まることのない”旅人”に部類される。また水術士もその活動の多くが聖域巡礼となるので、旅人として認識されている。

3 名誉騎士とは、国家に多大な貢献をもたらした名高き騎士、あるいは騎士団を抱える一族の長を指し、政治に置いても王族に劣らない発言権を有する。

4 少獅子とは王の正当な世継ぎ、つまり第一王子を指して呼ぶ表現の1つである。

5 暗黒騎士(ダークナイト)とは、主に名誉騎士の父を条件に勘当、あるいは確執の生じた親子関係下にある、堕落者を指して呼ぶ不名誉騎士のことであり、すでに騎士としての役職にない脱走兵などは、該当しない。また忠誠に疑いのかかった辺境城主もこれに当てはまる。

6 ”老衰”以外の舞台退場者には、退場要因を記す。

7 デモンベイトとはそのまま(魔獣の餌)魔物との戦闘、あるいは襲撃を原因とする不名誉の退場である。対義語はフェアリタッチであり、その違いは他者の評価と自己評価の誤差など曖昧であるが、基本的にはリヴァイアサンつまり聖域レベルの増減で判断するのが正しく、正確である。

8 生前の名誉騎士、英雄評価に対して、ナイトキラークラスとの遭遇(不運)によるデモンベイトやマンドラゴラや蛮族の弾圧命令で病み、ダークナイトエンドとなった戦士の弔い(報復や精算)を代理戦士が果たすことで、フェアリタッチや名誉騎士に戻すことが、可能とされている。これはあくまで不運に対してであり、すでにダークナイトであった者のデモンベイトには覆す手段はない。

9 シュトーロン王のような魔獣ではない妖精(基本的に野生のサラマンダー)に殺害される特別な場合も、またフェアリタッチと認識されるのは難しく、事故に部類される。

10 暗黒騎士の中にはまれに、そのまま大衆の好意的な支持を得てしまう、例外が存在しいわゆるダークヒーローと呼ばれる。


補足〈キルリップス〉






ウァリアント・シュトーロン〈王〉 焼死
ウァリアント・コーン〈騎士〉〈王子〉〈大英雄〉 デモンベイト→フェアリタッチ
ウァリアント・マシュー〈少獅子〉 大火傷
エレノア・ベルガ〈蛮族〉〈迷子〉
オズベルト・イエスマン〈脱走兵〉



カイザー・ヴォルグ〈冒険家〉
ククリ〈奴隷〉
グラビティ・スワンレイク〈姫〉
グリフォン・ウィンガー〈名誉騎士〉
グレース・スワンレイク〈少獅子〉
ゲッペル・シュタイナー〈暗黒騎士〉
コカトリス・ノード〈名誉騎士〉 デモンベイト



ザット・ベオウルフ〈騎士〉
シスマ・エルドラド〈勇者〉 デモンベイト



デミンス・ルピエロ〈暗黒騎士〉
デュオ・ヴォルグ〈冒険王〉
トット〈珍獣〉〈迷子〉



ニウス・スワンレイク〈王〉〈大英雄〉



パトリオット・ヴォルグ〈奴隷〉 ポストコーン〈大英雄〉
ビーンズ・バケット〈奏者〉
ビスケット・ショット〈傭兵〉
フレキシブル・サン〈女王〉〈大英雄〉
フレスコ・ルピエロ〈名誉騎士〉
ブロンズウェル・シュタイナー〈名誉騎士〉
フローレンス・バルカン〈名誉水術士〉



マリアン・ローズ〈水術士〉
ミリダラ・スワンレイク〈王族〉〈姫〉〈奏者〉





ライク・フィナーレ〈傭兵〉
リグレット・リンク〈学者〉
レイダ・ダイナソー〈傭兵〉
ロックウェル・シュタイナー〈騎士〉
ロッド・カーティスヘイムマン〈騎士〉
ローラント・イエスマン〈暗黒騎士〉 廃人→名誉騎士



ワンアイ〈通り魔〉 不明
PR



箱入りポジだと思い込んでたラブレ姫が、オルバンス王よりも設定が深くキャラが強かった件

まずは
ビルドアップ作業ですね、武器も適当に描いてて「あれ?そう言えばなんか特別なやつ持ってたくない?」て、見に行って”ラブレソード”てステキな名前の専用固有武器あるやん!!てなって
俄然テンション上がって
特別扱いキャラ強いなぁ~姫だし(笑)て盛り上がってきて、モルケドをオルバンス王以外で、もっとこう別ベクトルの波長で振り回せるキャラ存在するの面白いなぁ~となり、オリジナルで彼女に愛馬を与えました。名前は色々、赤兎馬からディープインパクトさんを、あんまり競馬も詳しくないけど、かっこよく生き抜いたフレンズとして候補出てきたけど、最終的にはヘクトルで決定しました。中世ベースですしね。 ヘクトルお前・・・ニンジンみたいな配色してんな?


ファンアートオリジナル設定でラブレ姫は姫として生まれながら騎士に憧ているという贅沢な悩みを抱える女の子で、幼い頃にタラバール王の前で、英雄騎士のような華麗なる乗馬姿を見せようとして、落馬するという大事故を起こす。

その現場を目撃したドルマの証言では、ネジが飛ぶのを見たと、彼はボケても、ボケても無いのでまぁファンタジー的な現象が起こったのであろう。



以降とてつもなく、変わったアルメナンドでも有名な、お転婆を通り越した”暴虐娘”となる。


中でも有名なエピソードが”ヘクトルの代理命令”である。

新大臣として就任後即座に、重臣ドルマラを王の面前で侮辱し、許され逆マウントを決め、事実上の政権掌握を決めてしまう、鉄髭大臣ことモルケドの王宮支配の中、全く影響を受け付けない歩く聖域として、逆に無残にへしゃげてしまったヘクトルを「休ませたい」という、とんでもない優しさから、賢人グレオニスに対し同じく王宮内の書物を3日で読破してみせ、完全に書庫の隅に追いやった勢いで、ドルマにも圧力を仕掛け、ラブレ姫の世話係まで買って出た、乙女たらしモルケドの想像を絶する暴虐さで、ヘクトルの代理命令を発令。

この出来事により、彼の人生において、ありえないレベルの恐ろしい辱めを
受けたモルケドは、自信満々でドルマから奪おうとした、ラブレ姫の世話係だけは未来永劫、永遠に棄権するのであった。

ちなみにドルマは長くラブレ姫の世話係を務めているが、過去に名誉のヘクトル代理を命じられたことはない、このことから、ラブレ姫の知能指数について1つの疑念が生じるのであった。

井戸端10 感謝祭

「ブログアクセス数2000到達いえぇえええ~~い♪ほら陳宮もいえぇええ~~い」
「いえええぁあああああああああっ!!」
「広台先生吹っ切れましたね、というかおっそ!!!」
「なんかしらんけど、不手際(パスワード3回ミスった上に、復旧のために必要なメールアドレス先がサービス終了)でログイン不能になったし、放置状態だったニコニコ静画投降漫画”傭兵伝説”の観覧数3000突破いえぇえええええええ~~~~~い!!ほらカルピス(500㍉、2㍑は危ない)があるぜ、皆かんぱ~~い、るねさ~~んす!!!」


全員「いえぇええええええ~~~~~い♪」(おそっ)