忍者ブログ

オズベルトの砦

メイジ

メイジというのは、イニシエダンジョン様の世界観で認識した、魔法職の呼び名ですね。

GRではいまのところ、これといった呼び名はないです。

というか騎士保護法で、王国騎士ですら、攻撃魔法に一番適した火妖精サラマンダーの、軍事利用は禁止されているほどですので。そもそも攻撃魔法職というのが無いのです、GR史で暗黒期とされる帝国支配時代に、蔓延したダークスィエルによって、大陸各地に自然に構築された龍の巣。

この悪夢を一つ一つ破壊して回ったいわゆる伝説の勇者シスマと名もなき英雄たちのの進行、この辺りではサラマンダーも大いに活用されていたと記録がありますが、ダークスィエルを浄化する、ウィンデーネのラストフォームリヴァイアサン(聖域)が世界各地に自然構築されてからは、新世界王国騎士団の任務は、人類の”過去の行為”となった戦争にかわり、主に魔獣からの聖域保護となります。

再生期には騎士団は、無謀突撃命令禁止、サラマンダーの使用禁止を代表とする、騎士保護法により守られ、魔法研究は、セイレーン楽器や、追い風のブーツ、グリーブのように、移動系やバフ系に限定されます。特に聖域回復、治療に活かせる水妖精ウィンデーネの研究は、逆に目覚ましく、王国騎士よりも、リュミエールと呼ばれる信仰団体により、かなりの功績を世界にもたらす組織勢力図、パワーバランスに及ぶほどです。

結論的には設定を固めたメイジはGRの世界感に基づくとは言え、イニシエダンジョン様の世界でのみ、披露させていただく積極的特別ファンタジック要素です。(GRはなんかまぁおもんないよ色々ね)


ただ攻撃魔法というのが、完全にないわけではなく、暗黒時代には、王国騎士、帝国騎士双方フル活用していましたし、世界が一度崩壊し、勇者の犠牲を挟んで、再生期に移ったあとも、アウトローや、特に犯罪者集団ドラゴンカルトによる研究によって、高度なものまで存在します。

ここで進めた、メイジ設定の構築を、成果物として回収する可能性は、全然あります。

ではまずメイジにおける重要要素ワードを並べます。

1、スィエル(GRにおける魔力的位置のエネルギー体)
2、杖
3、魔女の歌
4、詠唱
5、ダークスィエル

ではこれを具体的に何であるかに変換します。

1、目視不可能サイズの妖精
2、妖精の揺り籠(保護場所)
3、魔女の歌(妖精の子守唄、歌限定ではなく同等の効果を有する行為を指す)
4、スピーチ(攻撃魔法の正当性主張を、各属性の妖精語で)
5、汚染エネルギー(例えば嘘を疲れた(主のダブスタによる)正当性なき、破壊攻撃への加担によって生じる罪悪感による、対象妖精の性質の裏返り、いわゆるスィエルに対してグレたスィエル)


スィエルとは微粒子サイズの妖精、またはその集団を指し、魔法とはつまり、術者の力ではなく、術者が妖精を集積した杖を媒体として発動、間接的に利用する、特別強力な力である。

であるから杖とは、敏感で繊細でフラフラ移動する妖精を安全に一所にとどめ保護するための器を意味し、魔女の歌とはそれらに安心を与え主人として認識してもらうための、歌などを含めた行為全般を指すワードである。

そして詠唱とはスピーチであり、魔法をとくに攻撃魔法を発動する上で、それらに言い聞かせる、行為の正当性の主張を指す。

当然、各属性の妖精語で行い、不安にさせることのないように、なめらかに、性質にあった口調で発音するのが望ましい。


ダークスィエルとは、例えばある種の攻撃を受けた人間は、被弾した直後、あるいは死の間際、
そのダメージに比例して、負の感情を放出する、それが納得の行かないダメージであるほどにこの感情は大きく放出される、それを直で受けるのが妖精である、つまり攻撃魔法は程度はともかくほぼ、解き放ったスィエルをダークスィエルに変えると考えていい。

これを大きく防ぐのが詠唱、つまりスピーチである。

詠唱とは、攻撃魔法発動の正当性を主張するプロパといえる、重要なことは、正しい行為だと思わせることであり、妖精に罪悪感を感じさせないこと、これがメイジ職における最大の”法”である。

嘘はつかないほうがいい、それに越したことはない

「正しい攻撃など無い、あるとするならば、やまれぬ攻撃だけだ、我が心の嘆きを共有せよ」

上の分は伝説のハイメイジ(不明)が残した、究極詠唱原文の1つである、これを各保有妖精語に、変換して発音することでメイジの魔法発動における、全行程の完了となる。

「進みて否、飛びて否、心砕いて尚我、雷鳴に応ずる、ライトニングレイ」

で雷だと思うので~雷妖精語に(鋭い発音、口調も早めに強く)

「ケシャテヘラ・ドゥシャテヘラ・ケセラ・セラ・ラトゥレティラ・ラ・ライトニングレイ」

みたいな?(適当です)

ちなみに、GRには雷の妖精は存在しないです、水と風辺りの複合かな?まぁあんま考えてないです



近接脳筋物理戦士職至上主義者だしなっ!!






















PR

寄り道の寄り道のさらに寄り道

寄り道ファンアート”イニシエダンジョン”の世界感に、並行作業で自分のファンタジー世界設定構築目的で、混入させているのが、青眼族のヨルムになります。

青眼レポートは、一応オズベルト個人によるSP目的と、ライムザット特殊騎士団長グレイスによる捕獲分析目的があります。

せっかくなので他世界エメルス騎士団長、セルジオによる外注レポートも創作しようと、聖杯リンゴ(F2)から、さらに脱線して、企画乱立状態(半笑)

最近”厳選”という言葉を覚えました。

まぁわりといろんなゲームやってきたので、無意識にはやってるだろうと思いますが、イニシエに関しては、魔王討伐まで、そこまでやらなかった作業ですね。

基本的には普通に進行させて、上位交換がでたら”普通にいいほうに変える”ぐらいです。

魔王討伐はhヨルムのソロ装備・・えっと

〘リンダガのプレミアムにライフドレイン付きがドロップされた時点で、使用感から最終戦士構想完了→すでに所持しているクリ盾(プレミで防御値90越え)に回避と移動速度強化リング
で属性攻撃耐性+状態異常耐性すべて向上させる虹盾で四枠埋めて、いわゆるモンスタールームに閉じ込められても”一撃死”だけは無い”事故完全防止近接戦常時回復戦士”【じこかんぜんぼうしきんせつせんじょうじかいふくせんし】の完成となり、そのままラスボスまで行ったので、まぁ厳選はしてないです。(バロックも低階層ででたし)


でまぁ魔王討伐は、すごい大変なパン屋時代に、寝る間を更に減らしてファンタジー成分を摂取させてもらったイニシエダンジョンを、クリア目的でやってたので、色々テキストやストーリーまで、大雑把にしか把握してなかったし、ちょっと普通に楽しみましょうと、厳選をやりましょうと、プレミアム次第で別物になる装備もある!!楽しい!!!


てんで動画公開する、予定ではなかった、本気遊び用【ほんきあそびよう】のアカも晒すことに(笑)

1、眼鏡と軍師の英雄譚!!F2縛り聖杯林檎!!
2、セルジオの外注青眼レポ!!
3、hグレゴリ隊長とhイエガ見習いの厳選倉庫整備!!←今ここ

でまぁハンター以外の装備も、いいの出るので、使用感を映像記録する上で結局12アバタを全て作画するハメに(狂気)・・・もう落描きカエルブチ切れですよ、おこですよ、おこ

んじゃ完成したし、紹介していくか?タグも新しいの作るか?

そのまえに、で、現在イニシエダンジョンの世界感に、自分のファンタジー要素を混入させている(破壊する意図はないです)時間がないので、並行作業で自分の世界設定構築もやらせていただいていますが、そうですねセッションとでもいいましょうか(ものはいいようだな?)

それで現在、混入要素は青眼ヨルム、しかし一応アルメの住人に、災の瞳の噂は浸透しておらずあくまで、青眼キャラが滞在しているだけです「なんかいるな?」みたいな程度。

ただ、バックパッカーのボンチッチだけは、明確にその存在を認識している恐れがあります。
聖杯林檎の方でも、そのような雰囲気のシーンがあります。

”青い瞳の獣、王の安眠を脅かすものなり”

これが1つ、でさらにバロック担当のメイジ、アーリィを造形している流れで、ベンジャミンとバジルを演出上、参加させる必要性が発生してきてしまい、不機嫌な落描きカエルに、さらに苦行を強いる!!(完成済み)

魔法使いは僕の過去の人生において、そこそこの数やった、ファンタジーRPG作品で、実際軽視されている職業ですので(物理戦士至上主義者)正直GR構築においてもかなり、後回しにしてる感は否めないですが、この度イニシエダンジョン様と、セッションさせていただいたかいもあり、少し固まりましたので、その記録を、まずしなければと言うのが、今現在最新の状況です。

さきにGRのメイジ設定構築記録、で12キャラの紹介しますか。

ウラニウスとセルジオのラフ(ビジュアル)完成!!

僧侶なので、派手だと違和感、武装もないので部下より、見た目弱くなるのは・・・
てことで(きりね~~おやつは弾んでくれるんでしょうねぇ?)召喚獣も描きました。

ウラニウス大司教
装備
・エンジェルの契約書+2   〈数+2(計3)〉〈下僕の攻撃+120%〉
・エンジェルの契約書+2   〈数+2〉〈下僕の攻撃+120%〉
・ブラッドゴーレムの契約書+1   〈下僕の攻撃+160%〉
・アミュレット+1   〈HP+80%〉


ということで”ウラニウスシックスエンジェルズ”と命名、数も6体でまぁ、面倒くさくないギリギリなので、名前も決めちゃいましょう♪

しかしアバター名から本気で考えだすと1体、二時間はかかるのでウラニウスの性格も少し固めます、今回ヨルムのボスラッシュでは、付き人セルジオの回想でしか出てこない人物なので・・・楽できると思ってましたけど(苦笑)

左上から順番に

ラブ(上) ルー   おませガール(あくまで性質、性別は全て中性)
ラブ(下) レイ   おませボーイ
プンプン  クック  拗ねてるやつ
いたずら  ミミ   はしゃいでるやつ
スキスキ  ケラ   甘えてるやつ
テレテレ  ボー   隠れてるやつ


ウラニウスのネーミングセンスにまつわるエピソードもすぐに考える。



セルジ「・・・このこがボー?」
ウラニ「違う、私のミミを引っ張るのミミだ、隠れているのが照れ屋のボー・・・降格されたいのか?」
セルジ「ご勘弁を・・むむむ・・しかし変な・・いや、ウラにウス様は名前を子供につける時、何か考えがあって?」
ウラニ「そんなものはない、お前のときは」


セルジ「・・・私のときは?(興味津々前のめり)」
ウラニ「・・・・お前のときはセルジオだ、セルジオって感じだろ?」
セルジ「・・・」
ウラニ「鏡で確認したことはないのか?」
セルジ「・・いえ、今度してみます」
ウラニ「・・え、苦情?」
セルジオ「え、いえ、この名前には誇りを持っていまっす!!」
ウラニ「・・・そうか、よかった」



ちなみに、イラストは並べたけど、若かりし頃のウラニウスと、現在のセルジオなので、ご了承ください。

孤児に名前をつけるのはサンドラはフォルクスと、特に大司教がつけるということにはなっておらず、見つけたものが責任を持って名付けます、これはウラニウスが慕われるルールです。

今現在、その場で考えていってますが、どうやら大司教となっても、偉そうぶるような人物ではなかったようです、よく部下にもツッコまれる、天然さもあり?



ウラニウス”様”に名前をツケられた子は、教会内では「ハズレ」と影で言われるほど、ハズレです、センスが酷いし、雑だからです、セルジオはかなり運がいい方(笑)まぁ名前で虐めるような子がいない様子なので、問題ないのでしょう彼的には。



セルジ「・・・」
ウラニ「・・・食べたりないのですか?」
セルジ「はい、しかし大丈夫です」
ウラニ「では私の分を食べなさい」
セルジ「いえ、私が多く食べれば、みなが困ります、助け合いです、迷惑はかけれません、大丈夫です」


ウラニ「・・・ではこうしましょう、たくさん食べて、大きくなり、そしてみなを守れるような、強い男になればいい、私はダイエット中だから、遠慮なく食べなさい」
セルジ「・・感謝します、大きくなって、強くなります」
ウラニ「ふふ、体格は天の授けもの、期待せずに待ちましょう♪」


この会話ですが、ウラニウスは打算的に先行投資として、セルジオに優しさを見せていたのではないようです「期待せずに待ちましょう♪」
という台詞から、彼が決して小さな子供に”貸し”を
植え付けたわけではないことがわかります・・・まぁ結果として、かなり大きく強く育ちましたが(笑)


つまりセルジオが投資分、”でかい”男にならなくても、がっかりなどしないのです、セルジオを始め、エメルスの子どもたちは、尊敬し、愛するものからの失望を味わうことはないのです、なぜならウラニウスは、ブラッドゴーレムという下僕も保有しており、後ろに立たせるのは、べつに彼で無くてもよいのですから、伸び伸び育てばいいのです。





私は失望などしないから、皆、安心しなさいふふ


しかし失望させないとは言っていませんよ?(エンジェルスマイル)



・・・色塗りか、はぁ



ヨルムちゃんによるボスラッシュをやるかどうか

ヨルムちゃんによる、ボスラッシュをやるかどうかは、5年以上前からあった構想ではある。


まぁ今日まで保留してたわけだから、正直・・意欲的ではなかった。

1、面倒くさい
2、ボスラッシュは1回はやりたい!やるべき!!だが正直、一度できてることをくり返す苦痛


F2聖杯林檎の企画が始まり、本垢(本気遊び用)は完全クリアしたし、放置していたが、新しいクエストが追加されたらしく、久しぶりにやった。まぁヨルムちゃん強いので、普通にクリアしたのだが・・・・その時、新キャラでセルジオというのがでてきた。



エメルスの高職で忠実な職員たちとまとめてボコしたのだけど、わりと強い上に性格も悪いやつじゃない・・・・


それで一応アルメナンドにお邪魔してる、青眼で本編にはいない、オリジナルキャラのヨルムちゃんのイメージソング動画を作ろうと・・・ちょっと趣向を凝らして、装備やステータスを表記する感じの、攻略勢ぽいセンスのデザインイラストを考えて、とりあえず流れないこっちにもコピペ


ヨルム装備

リングダガー+2(攻22-26)  HP自動回復+4 HP吸収+8%
水晶盾+4(防93B16%)  被害ダメージ-10 防御+80% HP+80 物理耐性+15%
虹色盾(防8B18%BH20)  火炎、冷気、電気、毒、状態異常 各耐性+50%
リング+4(防1)  回避率+120% MP回復速度+20% 移動速度+50% HP+60


でメモのために放置アカ久しぶりに2回目、開いたので
、もう追加クエストもすぐクリアしたしコレクトもしたいけど、さすがに”やりこみ”するスケジュールは空いてないので・・・でもちょっと遊んでたら、セルジオわりとついてくるやん!!てなった・・・・でセルジオのイメージがどんどん膨らんで、これいい!!ヨルムのボスラッシュ、こいついたらなんかちょっといい感じの旅になりそう、わりとついてこれるし?ボスラッシュやろ!残そ!!英雄譚を!!!


なので、聖杯林檎少し中断して、ヨルムのボスラッシュやります!!




ファンアートオリジナル設定


まず関係性は仲間ではない

エメルス教会の大司教ウラニウスをボコしたヨルムは、部下であったセルジオにとって仇ではありますが、まぁ複雑な立場でもあります。あくまで同行するのは対象の観察です。


ちなみにヨルムはやはり無口な青眼です、王冠を受け取り王となりましたが、エリザベスカラーのようなうっとおしさなのかな?ある日モルケドの後任オニキスが庭園を歩いていると、王冠が捨て置かれていました・・なんということでしょう!!